教育環境のコンピュータ利用案内 トップ 窓口 サイトマップ FAQ
 トップ > お知らせ > [緊急] Microsoft InternetExplorer の脆弱性について(注意喚起)[5/2 追記]
平成26年 4月30日
追記 平成26年 5月 2日
利用者各位
情報システム課

[緊急] Microsoft InternetExplorer の脆弱性について(注意喚起)

[5/2 追記] マイクロソフトより不具合修正プログラムが提供されました。
マイクロソフト セキュリティ情報 MS14-021 - 緊急
個人で所有する PC 関しては不具合修正プログラムを早急に適用してください。
[5/2 追記ここまで]

Microsoft InternetExplorer には、未修正の脆弱性が存在することが報告されています。

4月30日現在、Microsoft 社からは不具合修正プログラムが提供されていないため、InternetExplorer 以外のブラウザ(Firefox 等)を使用するか、 個人で所有する PC 関しては以下に掲載する URL を参考にして対策を行うようにしてください。

なお、ターミナル室などの教育環境 PC に関しては、下記参考情報の回避策(VGX.DLL のアクセス権を変更する対策)を行いました。
対策の効果は本日夕方に有効になっています。(長万部を除く。長万部は明日朝より有効になります。)
この対策の影響により、一部の Web サイト及びアプリケーションで画像が表示されない可能性があります。予めご了承ください。

また、WindowsXP をまだご利用の場合、既に WindowsXP のサポートが終了しているため、今後も修正プログラムが提供されないことが予想されます。このため、WindowsXP を使用してのインターネットの情報参照は行わないようにしてください。

  概要:  Microsoft InternetExplorer に脆弱性があり、悪用された場合第三者にパソコンを制御される可能性があります。

  対策:  4月30日現在、Microsoft 社からは修正プログラムが提供されていません。

           以下の参考情報をもとに対策を行っていただくか、InternetExplorer 以外のブラウザ(Firefox 等)をご利用ください。

  参考情報:

      IPA Internet Explorer の脆弱性対策について(CVE-2014-1776)

      マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 2963983

以上

BACK
© 情報システム課