教育環境のコンピュータ利用案内 トップ 窓口 サイトマップ FAQ
 トップ > ウイルス情報
【コンピュータウイルスへの対策について】

 最近、新種ウイルスに感染する被害が非常に多く発生しています。

 これらのウイルスの中には、従来のものとは異なり、電子メールの添付ファイ ルを実行せずとも、Webやメールを閲覧しただけで感染し、さらに感染したコ ンピュータを踏み台にして他のコンピュータへの感染を試みるといった特徴が あります。

 また、システムの脆弱点を悪用して活動を行うウイルスもあります。大量のポー トスキャンや大容量ファイル送信、ウイルス自身の送り込みなどが発生するた め、ネットワーク負荷が高まり、最悪の場合、ネットワークがダウンする可能 性もあります。

 ウイルスによる被害を未然に防ぐには、利用者自身に対策していただくことが、 最も効果のある方法です。利用者各位におかれましては、下記の事項をお読み いただき、よろしくご対応くださいます様お願いいたします。

 すでにご承知の方々につきましても、再度ご確認いただければ幸いです。

【ウイルスを未然に防ぐための注意事項】
  • 電子メールに添付されたファイルのうち、内容の分からないもの、送り主の 分からないものなどについては、不用意に実行しないよう注意してください。

  • 電子メール用ソフトウェアによっては、添付ファイルを自動的に処理してし まうものもあるので、設定等に注意してください。詳しい設定方法等について はそれぞれのソフトウェアのマニュアルを参照してください。

  • ウイルスには、OSや電子メール用ソフトウェア等のセキュリティ上の脆弱点 を利用するものがあります。ご利用のOSやソフトウェアのセキュリティ情報に ついてもご注意ください。

  • 情報処理振興事業協会等のウイルスに関する情報を公開しているサイトを活 用し、日頃から新しい情報を入手することをお勧めします。

【関連情報】

BACK
© 情報システム課